参考書・問題集

私大英語の長文対策はこれ!鉄板の問題集【やっておきたい英語長文】

2021年1月9日

たそ

どうも、たそです!

今回は、私大入試の英語長文対策におすすめの問題集を紹介しますよ!

私立大学の入試の英語長文対策はどうしますか?

「とりあえず赤本を買って、過去問を解きまくる!!」という人は多いですね。けど、過去問を解くだけではちょっと物足りない。

たそ

赤本も悪くないけど、もっと良い問題集があるよ!

今回は、私大の英語長文対策にぴったりの問題集『やっておきたい英語長文』を紹介します。

正直言って、私大の英語長文対策は「やっておきたい英語長文」と赤本で大丈夫ですよ。

私大入試を控えた受験生のみなさんに是非使って欲しいですね。

この記事を書いた人

現役英語教師(20年目)。高校3年時、1日14時間の独学で偏差値40台から80まで上げる。浪人を経験し、文学部英文科から英語教師の道へ。英検1級一発合格・TOEIC満点。教育困難校からトップ校で勤務。abcを書けない生徒から東大・京大を受験する生徒まで指導経験あり。

ポイント

Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon Prime Video、Kindle、Kindle Unlimitedのロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です

私大の英語長文対策に『やっておきたい英語長文』

私大の英語長文対策に『やっておきたい英語長文』
「やっておきたい英語長文300〜1000」

やっておきたい英語長文』シリーズは、大手予備校である河合塾が出している鉄板の英語長文問題集

300語、500語、700語、1000語の4種類されています。

英語長文対策、特に私大の対策に悩む生徒には、もれなくこの問題集を勧めています。

たそ

この問題集の何がおすすめなのか?をちょっと説明しますね。

『やっておきたい英語長文』をおすすめする理由

『やっておきたい英語長文』をおすすめする理由は次の3つ。

おすすめポイント

  • 300語(易)〜1000語(難)まで段階的に長文練習ができる。
  • 自分に必要な長さを選んで長文練習ができる
  • さまざまなジャンルの長文に慣れることができる

「やっておきたい」シリーズは300語程度の長文を集めた初級のものから、1000語程度の発展的な超長文までカバーしています。

300語程度の地方私立大学(国立大も)の問題から、1000語を超える難関私立大学(同志社、青学や早慶レベル)の練習ができるわけです。

自分が受験する大学の傾向に応じた英語長文の対策ができますね。

また、様々なジャンルの英語長文が用意されているのも魅力の1つ。

例えば、『やっておきたい英語長文300』では30題の長文がありますが、テーマが多岐にわたっています。

300のテーマはバラエティに富む
たそ

幅広いトピックに精通することも私大入試の長文対策に必要なことですよ。

『やっておきたい英語長文』の注意点

とってもおすすめの『やっておきたい英語長文』ですが、1つだけ注意点があって、初版が2004年でちょっとレイアウトが古かったり、テーマが最新でないものもあります。

たそ

もっとも、入試で問われるテーマはそんなに大きく変わることはないので、あまり気にしなくても良いかもしれないですね。

ただ、少しの古さを考慮に入れても、適切な長さと難易度の長文で練習ができるので、かなり使える問題集です。

やはり良書というのは時代を超えるものだと思います。

この『やっておきたい英語長文』も良書と呼ぶにふさわしい長文問題集ですね。

まとめ 私大の英語長文対策はお早めに

今回は、私立大学の英語長文対策におすすめの問題集を紹介しました。

『やっておきたい英語長文』は、私立大学の入試だけでなく、純粋に英語長文の読解力の向上にも役立ちます。300からスタートして、500、700へとステップアップしていけば、ググッと英語力が上がりますよ!

たそ

なるべく早くこの本を手に入れて、対策をしていきましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-参考書・問題集
-, ,