英語以外の学習

【プロも認める】発達障がいを持つ子供の学習法『すらら』子どもの持つ可能性を広げよう!

2月 28, 2020

うちの子供は落ち着きがないし、学校の授業についていけないんです。勉強がすごく苦手みたいです。どうしたらいいでしょうか?

現在、何らかの発達障害(ADHD等)や学習障害(LD)の子どもたちは30人学級に約2名いると言われています。

普通の子供と同じような教材や学習方法では効果があまり上がりません。

子供に関する悩み

  • 勉強が極端に苦手
  • 授業についていけない
  • 落ち着いて勉強ができない

子どもの状況や特性を把握して子どもの特徴に合った教育が必要だよ。

たそ

この記事では、子ども一人一人の個性や特徴に応じた教材を提供するオンライン学習「すらら」を紹介します。

私の教え子も「すらら」を利用して極点な勉強ぎらいを克服することができました

ダメなのは子供じゃなくて学習方法!

たそ

この記事でわかること

  • 学習障害や発達障害の克服には専用の教材が必要な理由
  • オンライン教材『すらら』が学習の苦手な子供に最適なわけ
  • オンライン教材『すらら』の特徴

発達障害の特性に応じた学習教材「すらら」

本記事を最後まで読むと、「すらら」eラーニングが発達障がい・学習障がいの子どもに適している理由がきっと分かります。

学習障害の克服に「すらら」が必要な理由

学習障害を持つ子供には専用の学習対策が必要

発達障害・学習障害を持つ子どもたちには、画一的な一斉授業ではなく、子どもの個性に応じた専用の学習対策が必要です。

「すらら」は個性に応じた学習を提供する

「すらら」が提供する子どもの個性に応じた学習のポイントは次の3つになります。。

学習の3つのポイント

  • 子どものペースで学習できる
  • 子どもに必要な単元を学習できる
  • 何度も繰り返し学習できる

残念なことに、この3つは学校等の一斉授業では提供しにくいものです。

3つのポイントをクリアするには、一人ひとりのペースや学力レベルに合わせて学習計画を立てていけるオーダーメイドの学習が理想です。

「すらら」e-ラーニングは、学習の3つのポイントをクリアし、発達障がい・学習障がいのある子どもの自立学習をサポートすることができます。

発達障害の特性に応じた学習教材「すらら」

たそ

私の教えている生徒の中にもこの教材を利用している生徒もいる。授業では遅れ気味だが、家庭でのeラーニングでカバーできています。

「すらら」は従来の学習方法の欠点をクリアする

学習が続かず成績が上がらない理由

「すらら」はこれまでの学習教材が持つ問題をクリアしています。

これまでの学習教材の課題は「子どもの特性と従来の学習方法が合わない」ことです。

子供に合っていない教材をやっても、ますます勉強が苦手になるわね。

学校教育や塾、個別指導、通信教材など従来の学習方法の特徴は次のようになるよ。

たそ

従来の学習方法の特徴

  • 学校・塾…クラスでの一斉授業。一人ひとりの状況に合わせにくい。
  • 家庭教師…1対1の指導で教師の質に影響されやすい
  • 通信教材…家庭での管理が必要で未開封で山積みになりやすい。

子供が持つ特性と学習方法がマッチングしないため、成績が上がらなかったり、学習が続けられなかったりします。

その結果、学習が嫌いになって、ますます勉強しなくなり、学力は下がる一方です。

この従来の学習方法が持つ欠点を「すらら」はクリアしています。

発達障害の特性に応じた学習教材「すらら」

学習障害を持つ子供に適した学習教材「すらら」

学習障害を持つ子供に適した学習教材「すらら」

オンライン学習教材「すらら」は、個性に応じるための学習のポイントを押さえ、これまでの教材の欠点をクリアしています。

発達障がい・学習障がいを抱える子どもには、一人ひとりの特性や学習段階に応じた教育が必要になります。

例えば・・・

  • 文字での理解が苦手な子どもには映像や音声
  • 集中力が続かない子どもにはゲーム的な要素
  • 学習が苦手な子どもの「つまづき」の原因を取り除く

「すらら」eラーニングは子ども一人ひとりが持つ課題に応じた学習計画を提供するので結果につながります。

すごい!うちの子供にもできそうかな?

それでは「すらら」について詳しくみていくよ。

たそ

発達障害・学習障害を支える「すらら」とは?

「すらら」はインターネットを通じてゲーム感覚で学ぶことができる対話型のデジタル教材です。

すららとは?
すらら公式HPより

発達障害の特性に応じた学習教材「すらら」

発達障害・学習障害を支える「すらら」4つの特徴

すららは次の4つの特徴で、発達障害・学習障害を持つ子供、勉強が極端に苦手な子供をサポートします。

すらら4つの特徴

  • 従来のデジタル教材の弱点を補っている
  • 対話型の授業
  • 個別のドリル問題を提供
  • 保護者の管理がしやすい

従来のデジタル教材の弱点を補う

従来のデジタル教材の弱点は次のようなものが考えられますね。

従来のデジタル教材の弱点

  • 動画授業:一方的な講義形式のため、意欲が低い子どもには効果が低い。反復練習が少ないので定着しない。
  • ドリル問題:反復学習で学力の定着が期待できるが、問題のレベルが合わないと一人で学習できない。
  • ゲーム型:すすんで学習できるが暗記が中心で体系的な学習ができない
  • 学習管理保護者が管理しにくく「やった、やってない」で子供と口論になることも。

よくある状況ですね。

すららはこの欠点をうまくカバーしているよ。

たそ

すららの対話型授業と多感覚学習

すららの対話型授業
すらら公式HPより

「すらら」が提供するのは対話型の授業

授業動画のような一方的な説明でなくキャラクターとのやり取りで授業が進む。

キャラクターが「わかったかどうか」を質問するインタラクティブな授業だよ。

たそ

さらに「文字」「音声」「イラスト」を利用して学ぶ(多感覚学習)ことで学習内容が定着します

すららの多感覚学習
すらら公式HPより

すごい工夫がされていますね。

無学年方式で学習上の「つまずき」にフォーカス

すららの無学年方式
すららHPより

すららは無学年方式で「つまずき」の原因となる学年までさかのぼって学習(振り返り学習)ができます。

無学年方式だとどこで苦手になったのか分かるから克服できそうですね。

さらに「つまづき」に応じたドリル問題ができます。

すらら公式HPより

できない原因を診断し「今必要な問題」を出題するため「つまずき」を確実に克服できるんですね。

保護者を支える「すららコーチ」

すららは学習管理がしやすい。現役の塾講師「すららコーチ」がすららの管理機能を駆使して、子どもの学習をフォローしてくれる。

さらに保護者にも毎週報告してくれます。

発達障害の特性に応じた学習教材「すらら」

オンリーワンの学習教材「すらら」で子どもの可能性を広げよう

「すらら」で子どもの可能性を広げよう

発達障がいを持つ子どもや学習に対して極端に苦手意識を持った子どもは「できない子」ではありません

その子どもに応じたオンリーワンの学習環境を準備すれば、見違えるように学力が身につきます。

将来、社会の中で生き生きと人生を送るために、少しの教材の工夫をして可能性を広げてあげましょう。

今回は、発達障がいを持つ子どもが、将来生き生きと人生を送るための1つのツールとして、「すらら」を紹介しました。

たそ

子どもは無限の可能性のカタマリ。できない子いませんよ

学習方法の相性で伸びる・伸びないが決まってしまうこともあります。

子どもにあった学習方法を見つけるため、いろんな教材試してください。

「すらら」無料体験

最後までお読みいただきありがとうございました。

今回紹介した教材

\この記事はどうでしたか?/

-英語以外の学習
-, ,

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5