apple製品

【購入レビュー】M1チップ搭載iPad Pro 11インチがやってきた!

2021年5月21日に発売された新型iPadPro。

M1チップとミニLED搭載、5G対応と話題です。

2ヶ月前に12.9インチのiPadProを買ったばかりなのをコロッと忘れて、ついついポチってしまいました。

今更だけどiPad Pro 12.9インチ(第4世代)購入した件

続きを見る

今回私が購入したのは、ミニLED搭載の12.9インチではなくて、あえて11インチ。発売日から1日遅れて我が家にも到着しました。

なぜ11インチ?というところも含めて、開封レビュー、そしてセットで使うアクセサリーレビューを紹介します。

M1チップ iPad Proとフィルムとケース

今回セットで購入したもの

今回一緒に購入したのはNIMASOのアンチグレアのガラスフィルムアップル純正のSmart Folio

それでは、早速開封!

M1チップ iPad Pro開封レビュー
この瞬間はいつもワクワクです

この瞬間はマジで快感ですね。

スーッと箱を開けると美しいフォルムが!

iPad Proが登場です。ドキドキですね。

裏面はいつものりんごマーク

早速、ビニールを取り払って・・といきたいところですが、まずはガラスフィルムを貼りたいところです。

風呂場でガラスフィルムを貼ってきたけど、少し失敗してしまいました。

買い直そうかな・・・。

NIMASOのサポートに一応メールしたのでなんとかしてくれないかな。

ともかくこんな感じに仕上がりました。

初のアンチグレアです。

ついでにアップル純正のSmart Folioにも装着します。

Smart Folioはマグネットでくっつけるだけなので、とても簡単に装着できます。

マグネットはなかなか強力でカバー側を持っても落ちないので、よっぽどのことがない限り外れないでしょう。

ぶらぶらさせても落ちません

これでじっくりとiPadProを観察できます。

相変わらず側面のスムーズさが美しいですね。

デザイン的にはほとんど変化なしで安定の美しさ。

カメラ周りのデザインも変化なし。

今回は、とりあえず外見的なレビューだけ。とりあえず、外見的には大きな変化は無いようですね。

M 1チップという高性能な性能等に関しては、これから色々と試してみたいところですね。

まとめ M1のiPad Proを11インチにした理由

まとめ M1のiPad Proを11インチにした理由

最後に、iPadPro12.9インチを3月に購入したばかりなのに、11インチiPadを購入した理由です。

簡単にいうと、12.9インチは持ち運ぶには大き過ぎるから。

12.9インチだとほぼ家での据え置きの使用になって、カバンに入れていくのがちょっとおっくうです。

今回11インチを買って、持ち運びには11インチくらいがやはりちょうど良いと再認識。

新型のウリの1つであるミニLEDが搭載されていないのはちょっと残念ですが、私的にiPadの一番の魅力って機動力だと思うので、そちらを優先させたってことになります。

iPad Pro とSmart Folioの組み合わせは、軽くて持ち運びという点でかなりおすすめですよ。

\この記事はどうでしたか?/

-apple製品
-

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5