レビュー録

【購入レビュー】Smart Folioって実際どうなの?と悩んでいるあなたへ

2021年5月25日

ポイント

Smart Folioって実際どうなの?Smart Folio KeyboardかMagic Keyboardの方がいいのかな?

iPad ProやiPad Airのケースの候補としてSmart Folioの購入を検討している人も多いはず。

Smart Folio key boardやMagic Keyboardと比べて、Smart Folioの使い勝手はどうなのかが気になるところですね。

アップルのHPにも、Smart Folioの詳しい説明がありませんし。

今回は、第3世代iPad Pro11インチの購入に合わせて、Smart Folioを導入したので、レビューしてみたいと思います。Smart Folioを検討されている方は参考にしてください。

[toc]

Smart Folioは現時点では最高のケースという結論

美しいフォルムのSmart Folio

まず、結論からいうと大変満足。いくつかの欠点はあるものの、現時点では最高のケースです。

私自身、Folioシリーズの最高峰のMagic Keyboardも使ったことがあります。

12.9インチ用のMagic Keyboardです

さらに、アマゾンでよく売れているESRのiPad Proケースも使いました。

ESRのiPad Pro用のケース12.9インチ用です。

その経験から言っても、Smart Folioが現状ではナンバーワンです。

Smart Folioのメリットとデメリット

値段に見合う価値はある!

Smart Folioケースは、これまでのパカっとはめ込むようなものとは異なって、iPadの背面をマグネットでくっつけるタイプ

カバーと一体化しているので、これ1つで背面と全面の保護ができます。

先ほど言いましたが、Smart Folioはいくつかの欠点があるが現時点で最高のケース

それでは、メリットとデメリットを確認していきます。

Smart Folioのメリット

Smart Folioのメリットは、パッと考えて次の5点。

Smart Folioの利点

  • 純正ならでは工作精度の高さ
  • マグネットの強さ
  • 取り付け、取り外しが容易
  • 軽さ
  • 見た目がスマート

●アップル純正ならではの工作精度の高さ

純正のケースらしくフィット感が半端ではない

カメラ周りもドンピシャ

ポリウレタン製のカバーの質感もよく、かなりしっかりしている。サードパーティー製のペラペラしたカバーとはものが違いますね。

カバーの裏側はモフモフで画面保護

こういった作りのしっかりした点は、2千円程度の安いケースとは質が全く違いますね。

●マグネットの強さ

サードパーティ製の安価なケースは、マグネットが弱くて、カバーがピッタリとくっつかないこと場合が多い。実際、ESRのケースではその点が不満でした。

(ESRのケース)画面とカバーの間が少し浮いてしまいます。

Smart Folioはマグネットがしっかりしていて、ピタッとカバーが画面にくっつく

(SmartFolio)ぴったりくっついてスキマがでない

さらに、カバーを背面に回したときも、きちんとくっついてブラブラしない。

カバーが裏側でブラブラするのって意外にストレスなんですよね。

カバーを後ろに回したときピタッとくっつく

さらに背面のカメラを使いたいときには、一部が折れ曲がってピタッとくっつく。

こうしたしっかりした作りは、純正ならではのメリットでしょうね。

安価なサードパーティ製ではこうはいかない。

●装着が容易

Smart Folioの装着はカメラ位置を合わせて、マグネットでくっつく仕組みなので、取り付けも取り外しも超簡単。マジで便利。

●軽量である

カバーだけ持った印象はかなり軽い!実測値で178gでした。

iPad Pro 11インチとセットでも678gで片手でも使えるレベルですよ。

12.9インチiPad Pro+Magic Keyboardと比べたらめっちゃ軽くて機動力が上がります。

●見た目が良い

これが一番の利点かもしれないですね。いろんな便利さはあるけど、純正ケースならではのかっこよさ!

simple is best!

りんごマークは純正の証。

ゴテゴテしてなくてシンプルでスマートです。

Smart Folioのデメリット

一方で、Smart Folioのデメリットを考えてみましょう。

Smart Folioの欠点

  • 価格の高さ
  • 汚れが目立つ
  • 側面のカバーができない
  • アップルペンシルの収納に悩む

●価格が高い

Smart Folioはただのケースにも関わらず純正だからやっぱりお高い。

11インチ用9800円(税込)どーん!

12.9インチ用11800円(税込)どどーん!!

ケースに1万円出せるか!?

キーボードがついているSmart Folio Keyboardが11インチ用で21800円(税込)だから、どうせならそっちを・・・と思っちゃうかもしれないですね。

●汚れが目立つ

Smart Folioのポリウレタンの材質のせいか、汚れがとても目立ち安い気がします。

特に、ほこりが付きやすく、すぐに白っぽくなります。

表面が白っぽいのが分かりますか?

●側面のカバーがない

Smart Folioって側面カバーがないのですよね。

これって、アップルペンシルの充電やSmart Folio Keyboardの設置の流れで側面はカバーレスという仕様なんでしょうね。

だから、もし落としたら、ほぼ間違いなく側面が傷つきます。

一応、スタンドとして立てて使う場合には、側面が下に付かないように配慮はされていますが、ちょっと擦れちゃったりすると、「側面に傷がつくかも・・・」と不安になるかもしれないですね。

現時点での、この問題の解決策はスキンシールくらいしかないようです。

写真は12.9インチのものです

このスキンシールを使えば、側面の保護も可能ですね。

側面をすれ傷から保護します

とはいえ、このスキンシールも厚さがわずか0.2mmなので、強い衝撃からの保護は難しいでしょうね。

側面用のバンパーとかがあれば良いのですが・・・。

●アップルペンシルの収納がない

アップルペンシルがマグネットでくっつくわけですが、アップルペンシルをつけたままカバンに入れておくと、何かの拍子にペンが外れてカバンの中で行方不明に。

サードパーティ製で、アップルペンシルの収納スペースのあるケースが販売されていますが、やはりスマートさに欠けるんですよね。

アップルペンシルを押さえるカバー付き

このペンシルの収納に関しては悩ましいところです。

ちなみに私の場合はペンシル用のケースを買って、とりあえずはしのいでいる感じです。

一応本革です

このケースをゴムのバンドでiPad にセットして持ち運んでいます。

悪くないですよね

ゴムの耐久性が少し不安ですが、現時点ではそこまで不満はないですが、ベストではないかもしれません。

まとめ Smart Folioはやはりスマートだった

今回は、アップル純正のiPad ProケースSmart Folioのレビューをお届けしました。

個人的には大満足。

しかし万人におすすめというわけではなく、上述したような4つの欠点をクリアできるかどうか、が問題になります。

ただ、一度純正ならではのフィット感や作りの良さを体験して欲しい!買おうかどうかと、悩んでいるならおすすめですよ!

ただ、ケースなんかにそこまでお金を払えない!というのなら、ESRのケースでも必要十分な機能ですね。

安価なものをお探しならば、この記事内で紹介したESRをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-レビュー録
-, , ,