英語勉強方法

【英語の超初心者向け】本当に基礎からの勉強法|現役英語教師が解説

7月 22, 2020

本当に英語の初心者なんだけど、英語を勉強しようと思ったら何から始めたらいいの?

「ハロー」とか「イエス」、「ノー」ぐらいしか分からない英語の初心者の方が、英語の勉強をしようと決意したときに、「一体何から手を付けていいのか??」と悩みますね。

世間にはたくさんの初心者向けの教材初心者向けの勉強法を解説した本などがあります。なかには「いや、初心者にそれは無理だろう・・・」というものや、ちょっとおかしな教材もあります。

この記事では現役英語教師の視点から、英語の初心者に向いていない勉強法や初心者がぜひするべき勉強方法について紹介します。

この記事でわかること

  • 初心者がやってはいけない英語の勉強法
  • 英語初心者が取り組むべき勉強法
  • モチベーションを高めるコツ

この記事を書いた人

現役英語教師(20年目)。高校3年時、1日14時間の独学で偏差値40台から80まで上げる。浪人を経験し、文学部英文科から英語教師の道へ。英検1級一発合格・TOEIC満点。教育困難校からトップ校で勤務。abcを書けない生徒から東大・京大を受験する生徒まで指導経験あり。

勉強方法はいろいろとあるけど、「楽して学べる」ということはないからね。

たそ

英語初心者に向かない勉強方法

英語初心者に向かない勉強方法

まずは、巷にあふれている、英語の勉強法の中で英語の初心者には向いていないものを説明します。学習効果がないというよりも、初心者がやっても効果が低いのでおすすめしない、というスタンスになります。

初心者に向かない英語の勉強法

  • 聞き流すだけの英語教材
  • (オンライン)英会話教室
  • 海外ドラマや映画で英語を勉強する

どれも評判が良いものばかりだけど・・・?

あくまでも初心者には向かないということだよ。

たそ

3つともよく耳にする英語の勉強法ですが、なぜ初心者には向かないのか、1つずつ説明していきますよ。

英語初心者に向かない勉強方法① 聞き流し英語教材

英語初心者に向かない勉強方法① 聞き流し英語教材

英語初心者に向かない勉強方法の1つ目は「聞き流し英語教材」。聞き流し英語教材はすごく有名ですね。

CMとかでよくやっているけど、効果がないの?

ただ聞いているだけで右脳が刺激されて、「自然と英語が話せるようになる!」のなら、どんなに良いことでしょうか。ところが現実はそんなに甘くはありませんよ。

理解できない英語をいくら聞き流しても、正直言って無意味。

たそ

理解できない音は、ただの雑音?でしかありません。風の音とか雨の音と同じようなものです。たまに、知っている英単語がまぐれで聞こえるかもしれませんが、「空耳アワー」レベルでしかありません。

英語を聞くことで勉強するために、「理解できるレベルの英文」や「意味が分かっている英文」を聞く必要があります。単に聞き流すだけでは、残念ながら初心者の方にはあまり役立ちませんね。

英語初心者に向かない勉強方法② (オンライン)英会話教室

英語初心者に向かない勉強方法② (オンライン)英会話教室

英語初心者に向かない勉強方法の2つ目は、英会話教室になります。実際にスクールに通うものも、オンラインでの英会話教室も、英語がまったくできないという人には向いていません。

オンライン英会話なんかは結構流行っているよね。

ある程度英語ができる人であれば、ネイティブと会話をしていく英会話教室などは、スピーキング練習のチャンスかもしれませんが、次のような人は英会話教室はやめておいた方が良いですね。

  • 何を話したら良いのか分からない人
  • ネイティブが話していることがまったく分からない人

正直言って、時間とお金の無駄だし、余計に自信がなくなってしまうよ。

たそ

まったくの初心者であれば、いきなり英会話教室へ通うのではなく、もう少し独学で英語を勉強してからの方が効果もあるし、やる気も出てきますよ。

英語初心者に向かない勉強方法③ 海外ドラマを見る

英語初心者に向かない勉強方法③ 海外ドラマを見る

英語初心者に向かない勉強方法の3つ目は、海外ドラマや映画で英語を勉強するというやり方です。

あれ?別の記事ではおすすめしていなかった?

海外ドラマを利用する勉強はすごく良いんだけど、まったくの初心者には向いていないんだよ。

たそ

海外ドラマや映画を利用する英語学習は、楽しみながらリスニングやスピーキング力も上がるとても良い勉強方法ですが、英語が苦手の初心者の人にとっては、かなりハードルが高い学習です。

正直、私でも100%聞き取れるわけではないよ。

たそ

まったくの初心者の方にとっては、英語が早すぎるし、仮に聞き取れても、何を言っているのかさっぱり分からない、となってしまいます。

やはり、この方法もある程度の英語力がある人がすべきでしょう。海外ドラマを利用した勉強方法については、別の記事でまとめていますので合わせてお読みください。

【海外ドラマで英語学習!】留学なしで英語リスニング&スピーキング力を鍛える勉強方法

続きを見る


なるほどー。巷で評判の勉強方法は初心者にはあまり向いていないのね。

では、英語が本当に苦手だ!という人におすすめの勉強法を紹介していくよ。

たそ

英語初心者がやるべき勉強方法

英語初心者がやるべき勉強方法

それでは、英語初心者がやるべき勉強方法について3つの方法を紹介します。

  • 単語と文法で英語の基礎を作る
  • 音読で読む・聞く・話すの基礎を作る
  • 英語日記でアウトプットを増やす

そしてもう1つ大切なのは、英語初心者が勉強する英語のレベルを確認すること。一口に英語といっても、さまざまなレベルがあります。自分のレベルにあった学習をしないと効果は上がりませんね。

1つずつ説明していくよ。

たそ

英語初心者が勉強する英語レベル

英語初心者が勉強する英語レベル

英語初心者が学ぶべき英語のレベルは、ずばり「中学英語レベル」です。

中学校で勉強する英語には、あらゆる英語の基礎が詰まっています。基本的な単語や英文法を学ぶことができるし、英語の読み方・話し方・聞き方などの基本を身につけることができます。

英語が苦手という人のほとんどは、中学英語で挫折しているんだよ。

たそ

確かに・・・。じゃあ中学英語レベルの教材を使って学習をしていけば良いってことね。

それでは、具体的な学習方法や教材を紹介していくよ。

たそ

英語初心者がやるべき勉強方法① 「単語と文法」で英語の基礎を作る

英語初心者がやるべき勉強方法① 「単語と文法」で英語の基礎を作る

英語初心者がやるべき勉強方法の1つ目は、英語の基礎力である「単語と英文法」を学ぶこと。英語は「ことば」なので英単語を知らないと何も始まりません。

英語はまず単語。単語に始まり、単語に終わる!

たそ

中学レベルの単語帳を一冊買ってコツコツと覚えていく必要があります。まずは単語を意識して覚えることしないと、聞いたり・話したりできませんから。最初は我慢して単語を覚えていきましょう。

おすすめの単語帳については、別の記事を合わせてお読みください。

【現役英語教師がすすめる】英単語帳10選|高校入試からTOEICまで

続きを見る


続いては、やはり英文法。入試問題のような難しい問題を解けるレベルではなくて、中学校レベルのものが理解できていたら十分です。

英文法ってやっぱり必要かな??

マニアックな知識は不要だけど、最低限の基本だけは押さえて欲しい。

たそ

最低限の基本が中学校で習う英文法です。中学レベルだけで、ほとんどの英会話に対応することができます。現役英語教師おすすめの文法参考書は、なんといっても「くもん式」。シンプルでわかりやすい説明がいいですね。

【一番売れてる】中学英語の参考書『くもんの中学英文法』レビュー|現役英語教師が解説

続きを見る

英語初心者がやるべき勉強方法② 「音読」で読む・聞く・話すの基礎を作る

英語初心者がやるべき勉強方法② 「音読」で読む・聞く・話すの基礎を作る

英語初心者がやるべき勉強方法の2つ目は、なんといっても音読。音読をすることで、読む・聞く・話すの3つの力を同時に鍛えることができます。

音読は簡単で超コスパの高い練習。

たそ

音読練習のやり方はとても簡単。

簡単な流れ

  • 英文を読んで理解
  • CD等で音声を聞いて発音を確認
  • CDで聞いた音声を真似してひたすら音読

理解できない英文を音読しても無意味なので、中学1年生くらいのものからスタートしても大丈夫。まずは、英文の意味をしっかり理解して、CD等で音を確認したら、あとは繰り返し読みまくる

たったこれだけのことだけど、効果はすごい!

たそ
【英検・TOEIC対策】3ステップ英語音読の正しいやり方|毎日少しのスキマ時間で英語力アップ|現役英語教師が解説

続きを見る

ただ注意して欲しいのが教材のレベル。完全に理解できる簡単なものを音読しましょう。おすすめの教材は「絶対音読」シリーズ。中学校の教科書からの英文を音読するから、初心者の方でも安心して取り組めます。

英語初心者がやるべき勉強方法③ 「英語日記」で書く基礎を作る

英語初心者がやるべき勉強方法③ 「英語日記」で書く基礎を作る

英語初心者がやるべき勉強方法の3つ目は、英語日記をおすすめします。英語日記で書く・話すの基礎を作ることができます。

英語で日記を書くってなんか難しそう・・・。

英語で日記を書くのはそんなに難しいことではない。1日1行でも良いから気軽に始めてみよう!

たそ

英語で日記なんか無理!と考えるかもしれないけど、基礎的な英文法を利用したり、音読で学んだフレーズを利用すると、意外に書けるものです。

英語の「正しさ」にこだわらず、気楽に書いていく事で、アウトプット(書く・話す)の練習になります。英語日記の書き方については、別の記事でまとめています。合わせてお読みください。

【誰でもできる】英語日記でアウトプットを鍛えよう|現役英語教師が解説

続きを見る

英語日記を簡単に書くための鉄板テキストは「英語日記ドリル」。まずは、これを見ながら書くだけでも、十分に日記がかけますよ。

まとめ 英語初心者が勉強を続けるために

まとめ 英語初心者が勉強を続けるために

英語の初心者が英語の勉強を続けていくのは、なかなかしんどいですね。勉強を継続していくためには、モチベーションを上げる工夫が必要です。

確かにね。何か目標的なものがあった方がやる気になるよね。

お手軽なのは英検にチャレンジする事だよ!

たそ

英検、正式には「実用技能英語検定」は5級〜1級まで。英検5級は、中学生1年生レベルなので、自信がない人は5級や4級くらいからチャレンジしてみましょう。

【新定番】無料で使える英検対策アプリ5選(2級〜5級対応)|現役英語教師が解説

続きを見る

4・5級であれば面接もないから気軽にチャレンジしてみよう!

たそ

資格試験に合格していけば、やる気も上がるし、自信がつきますね。あせらず少しずつ勉強を続けていきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\この記事はどうでしたか?/

-英語勉強方法
-,

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5