apple製品

今更だけどiPad Pro 12.9インチ(第4世代)購入した件

たそ

2021年4月です。

ぼちぼち、新しいiPad Proが発表されそうな気配ですが、2020年版のiPad Pro 12.9インチ(第4世代)を購入してみましたよ!

これまで仕事で無印のiPad(第7世代)を使っていました。コスパもよく特に不満もなく愛用しておりました。

詳しくは下の記事でまとめています。

iPadとApplePencilはコスパが高い【初めてのイラストに】|Apple製品レビュー

続きを見る

中学生の娘におねだりされて、無印iPadは娘が愛用しています。

そろそろ新年度も始まり、仕事で使うiPadが欲しいところ。

以前iPad ProかAirで悩んでいました。

【iPad AirかPro】どちらを買う?2つの違いを整理した

続きを見る

iPad Proを買うなら新型出るの待とうかと思っていました。

2021年の3月には発表されると期待していたけども、どうも4月以降になりそうなので、新年度の仕事に間に合いそうにない。

ということで、すぐに型落ちになるであろうiPad Pro 12.9インチ(第4世代)を購入しました。

今回は、iPad Pro 12.9インチ(第4世代)に決めた理由や実際の使い勝手なんかをレビューしていきたいと思います。

いまさらっぽいですけど、正直に感じたことを書いていきますよー!

たそ

この記事では、iPad Pro 12.9インチ(第4世代)の使用感とメリット・デメリットから一緒に使っているアクセサリーのレビューまでをお届けします。iPad Proの大きさ選びに悩んでいる人の参考になれば幸いです。

結論12.9インチ i Pad Proは万人向けではない

結論12.9インチ i Pad Proは万人向けではない
ついに手にしたiPad Pro!

まず使って1週間ほど使って感じた結論。

たそ

12.9インチというサイズ感は万人向けではない。

値段、サイズ感、携帯性など考えてみると実はデメリットの方が多い。

無印iPad や iPad Airのように、みんなにおすすめというものではありません

そんな12.9インチのiPad Proをなぜ買ったのか。

そこには、他のiPadたちには無い魅力があるからなんですね。

12.9インチ i Pad Proをいまさら選んだ理由

うーん美しいフォルム

どちらかというとデメリットの方が多い感じがする12.9インチのiPad Pro。

最大にして絶対的な魅力は12.9インチという画面サイズ。

メインマシンのMacBook Proの13インチとほぼ同じサイズ。

左:iPad Pro 右:MacBook Pro13inch

正直、購入直前までは、AirとProで迷っていたのですけど、スペック的なものよりも最後に決め手になったのは、12.9インチという圧倒的な画面サイズでした。

使い勝手を考えたら11インチくらいのサイズ感がちょうど良い。

普通に考えたら新型のiPad Airがいいでしょうね。

もうすこし待てば、新型のiPadProが発表されそうなタイミングですが、アップルさんの新学期キャンペーンを利用して、お安く買うことができました。

【アップル新学期キャンペーン】教師やってて良かった件|英語教師のつぶやきvol.14

続きを見る

12.9インチ i Pad Proを購入して感じたメリット・デメリット

さて、ということで新たにおうちにやってきた巨大なiPadくん。

分かっていたけどやはりでかい。そして美しいですね。なんか持っているだけでウキウキです。

それでは、とりあえず感じたメリット・デメリットを考えてみます。

12.9インチ i Pad Proのメリット

色々とメリットはあるのですが、私的に感じたメリットは2つ。

  • 圧倒的な画面サイズ
  • 準MacBookとしての使用

12.9インチ i Pad Proのメリットは、なんと言っても画面サイズ

ぶっちゃけて言うと、他のiPadには無い唯一の魅力ですよね。

動画を見るにしても、ウェブを見るにしても、見やすいし、目に優しい。

私にとってのiPadの一番の利用方法は、情報のインプット。

12.9インチの大きな画面で入ってくる情報量は多いです。

雑誌や本なんかを読んだり、ウェブを見るのも、とても楽。

もう1つのメリットは、キーボードと合わせることで準Mac的な使用が可能であること。

これまでは、基本MacBookProを持ち運んで、仕事をしたり、ブログ作業したりしていました。

無印iPadも持ち歩いていたので、結構な荷物になっていました。

今回、12.9インチ i Pad Proを導入したことで、外出時は12.9インチ i Pad Proにキーボードを合わせることで、準Mac的な使用が可能になりました。

ぱっと見るとMacですね

もちろん全ての作業ができるわけでは無いですが、文章入力とかはかなりいい感じにできます。

12.9インチ i Pad Proのデメリット

続いて、12.9インチ i Pad Proのデメリット。

私が感じたのは次の2点。

  • 大きいので、使い勝手が悪いし、持ち運びにくい
  • 本体・アクセサリーともに値段が高い

この12.9インチのサイズ感は、最大のメリットであると同時に、デメリットになってしまいます。

片手に持って作業するには、大きすぎるし、重すぎる。

カバンに気軽に入れて持ち運ぶのも悩んでしまうレベルですね。

次のデメリットはコストの問題

12.9インチ i Pad Pro本体の値段が高いのはともかくとして、ケース類なんかのアクセサリーも軒並み値段が高い。

特にAppleの純正品のケースは11インチと比べてかなり値段が高い印象です。

一例としてMagic Keyboardの値段を比べてみると・・・

  • 11インチiPad Pro, iPad Air用 34,980円(税込)
  • 12.9インチiPad Pro用 41,580円(税込)
憧れのMagic Keyboard

4万円超えてしまいます。価格差はおよそ6千円・・・。

色々と買うのにちょっと悩んでしまうところですね。

ここまでは、12.9インチ iPad Proの個人的なメリットとデメリットを解説しました。

知ってるわ!

と言う内容かもしれませんが、12.9インチという大きなディスプレイは、デメリットを吹っ飛ばすほどに快適です。

12.9インチ iPad Proのアクセサリーもついでにレビュー

さて、新しいiPadを買ったら気になるのがアクセサリー類。

裸で使うのが一番美しいのは分かっているけど、傷が入ってしまうのはテンションが下がりますよね。

最低限フィルム類やケース類は欲しいところですね。

ということで、今回購入したのは次のようなもの。

  • NIMASO ガイド枠付き ガラスフィルム
  • ESR iPad Pro 12.9 ケース
  • wraplus スキンシール
  • Jisoncase Apple Pencilアップル ペンシル ホルダー 
  • Apple 純正Magic Keyboard

と、結構悩みながらアクセサリーを買い揃えました。

まずは、ネットでもかなり評判の良いNIMASOのガラスフィルム

12.9インチの大きな画面に貼り付けるとなるとガイド付きが簡単で良いですね。

過剰なくらい充実な装備

正直いって、フィルム貼りのような繊細な作業が苦手な私でも拍子抜けするくらいあっさり装着完了。

ケースについては、色々と悩んだ結果、安くて評判の良いESRのケースをとりあえず購入。

工作精度も高くて安い。安定のESRケース。アップルペンシルも充電でき、ホールドできる。

サイズ感はバッチリ

しかし、カバー部分のパカパカ感がゆるい感じがどうも気に入らない・・・。

アップル純正のスマートカバーと比べるとやはり、ピッタリ感が弱いことが気になります。

これについては別のレビュー記事でまとめてみます。

紆余曲折があったけど今の状態はこんな感じ。

やはり純正は美しい

悩んだ挙句、Magic Keyboardを購入。高くて思いが、満足感は半端ない。

キーボードが必要な作業をしたいときはMagic Keyboard。

単体で使いたい、ペンシルを使いたいときはそのまま取り外して使います。

ちなみにペンシルは、ゴムバンドがついているレザーケースに入れることにしました。

キーボードから取り外して使うときに、傷がちょっと怖いので、黒のレザー調のスキンシールを貼っています。

かなりオシャレ感満載で相当気に入っております。

オシャレな感じでテンションが上がる

総重量が1kg超えるので、携帯性はかなり悪いけど、自分的にはお気に入り。

持っているだけでテンションが上がります。

まとめ 12.9インチiPad Proおすすめではないけど・・・

まとめ 12.9インチiPad Proおすすめではないけど・・・
iPad+keyboard

今回は、12.9インチiPad Pro(第4世代)を今さらレビューしてみました。

12.9インチiPad Proってどちらかと言うとデメリットの方が多いような気がするので、人にはすすめません。

11インチサイズがやっぱりおすすめなのかな?と思います。

おすすめのiPadは?と聞かれたら、おそらくiPad Airをすすめるでしょうね。

最新のチップセットにPro風のベゼルレスのデザイン。何より安い。

しかし、12.9インチでしか得られない満足感があるのは確か。

コスパは悪いし、おそらくすぐに型落ちになるかもしれないけど、買ったことにまったく後悔はしていないんですね。

このサイズ感を一度味わうと病みつきになってしまいます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

\この記事はどうでしたか?/

-apple製品
-

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5