試験・検定対策

【目指せ一発合格】英検準2級面接試験の第1問パッセージ問題対策|面接官の経験のある現役英語教師が解説

2021年6月30日

悩む学生

英検準2級の二次試験面接試験)の対策って何をしたらいいの?

英検の準2級の面接試験の対策は、試験の流れ、傾向と対策を押さえておくことがまず大切。

面接試験全体の傾向と対策に関しては、別の記事でまとめてあるので、まずそちらを参考にしましょう。

たそ
【目指せ一発合格】英検準2級の二次試験の傾向と対策|面接官の経験のある現役英語教師が解説

続きを見る

傾向と対策を踏まえて、しっかりと練習をすることが必要になります。

面接試験を一発で合格するためには、全部で5問ある問題のうち、最初の3問(パッセージとイラスト問題)をしっかりと答えておきたい。なぜなら問4と問5は、問題に当たり外れがあるからです。

答えにくかったり、答えが思いつかない質問をされる可能性があるんだよね。

たそ

一方で、問1〜問3のパッセージ問題とイラスト問題は、かなり対策が立てやすく、がっつり点数が稼げます。

面接試験の合格ラインが60%程度ということを考えると、この3問をきっちり答えたら合格はググッと近づきます。

この記事では、英検準2級の面接試験の問1(パッセージ問題)をほぼ100%答える簡単な方法を解説します。英検準2級の面接試験を受ける方はぜひ参考にしてくださいね。

英検準2級の第1問ってどんな問題?

英検準2級の第1問ってどんな問題?
英検準2級第1問の内容を確認

まず最初に英検準2級の第1問の問題内容を確認しておきましょう。

第1問は3つのパートがセットになっていると考えてください。

ポイント

  1. パッセージ(英文)の黙読(20秒)
  2. パッセージの音読
  3. パッセージに関する質問

実際の過去問で確認してみましょう。

(画像)eiken.or.jpより転載

"Recycling"というタイトルの50語程度のパッセージについて、①20秒で黙読、②音読をしたあとで、③面接官から第1問の質問をされます。

ポイント

According to the passage, how do many families try to make the environment better?

(本文によると、多くの家族はどのように環境をよくしようとしていますか?)

悩む学生

うーん・・・この第1問が苦手なんです。

黙読している間に、本文を理解できそうにありません・・・

本文の内容理解をして、問いに答えるのが理想だし、正しいやり方。

けど、実際にはすごく簡単に解答できるコツがあるよ。

たそ
悩む学生

それはぜひ知りたいです!!教えてください!

それでは、簡単に第1問をパスできるテクニックを伝授していきます。

英検準2級の問1は2つのパターンで大丈夫

英検準2級の問1は2つのパターンで大丈夫
英検準2級第1問の2つのパターン

英検準2級の問1はパターンを知れば簡単に攻略できます

問1の質問パターンは2つです。このパターンを覚えてしまえば、あっという間に答えが分かります。

  1. How(どのように)で聞く
  2. Why (なぜ)で聞く

絶対に100%とは言い切れませんが、ほぼ間違いなくこの2パターンの質問になります。

Howの質問、Whyの質問、それぞれ解答のパターンがあるから、それさえ押さえたら楽勝だよ!

たそ

英検準2級の第1問①Howのパターン

まず、Howで答えるパターンの注目ポイントと答え方を確認します。

ポイント

  1. パッセージ中に出てくる、"by doing so(そうすることで)""in this way(このように)"に着目
  2. "by doing so""in this way"1つ前の文が答えの箇所
  3. 前の文の動詞を〜ing形に変形させて、"By ~ing"で答える

実際に先ほどの問題で確認してみましょう。

この問題では、キーワードの"in this way"が出てきていますね。

質問がHowで始まるのであれば、このin this wayの前が答えの箇所です。

ポイント

According to the passage, how do many families try to make the environment better?

(本文によると、多くの家族はどのように環境をよくしようとしていますか?)

該当箇所は、"Many families use products made from recycled paper"になります。

この文の動詞から後ろを使います。

動詞を〜ing形の変化させて、Byから答えたらドンピシャの正解です。

(解答)By using products made from recycled paper.

英検準2級の第1問②Whyのパターン

続いてWhyで答えるパターンの注目ポイントと答え方を確認します。

ポイント

  1. パッセージ中に出てくる、"so(そういうわけで)" に着目
  2. "so"1つ前の文が答えの箇所
  3. 前の文の主語を代名詞に変形させて答える

これも実際に問題で確認してみましょう。

この問題では、キーワードの"so"が出てきています。

質問がWhyで始まるのであれば、このsoの前が答えの箇所です。

ポイント

According to the passage, why do students think internships are very useful?

(本文によると、なぜ生徒たちはインターンシップをとても役立つと考えているのか)

該当箇所"so"の前の文なので、"These students can learn about the company and get work experience..."になりますね。

この文の主語(These students)を代名詞(He, She, They, itなど)に変えて、"Because〜"から答えたら満点です。

(解答)Because they can learn about the company and get work experience.

悩む学生

すごい簡単に解けちゃいますね。

あれ?ひょっとして本文を理解する必要はないんじゃないですか??

実は、問1だけに限って話をすると、黙読の段階でキーワード(so, by doing so, in this way)を見ると、答えはすぐに分かってしまう。

もっとも、音読するときに、ある程度の内容理解がないと正しく読めないから、本文理解は必要だけどね。

たそ

英検準2級問1まとめ

  • パッセージのキーワードに注目する。
  • so, by doing so, in this wayがあれば、その前文が答えの箇所。
  • soの時。主語を代名詞に変えて、"Because"から答える。
  • by doing so, in this wayの時。動詞を"〜ing"に変えて、"By〜ing"の形で答える。主語は省く。

たったこれだけで、問1はパーフェクト解答ができてしまう!

本文の中に知らない単語がたくさんあって、内容がほとんど分からないような状態でも、正解を答えられる方法なので、ぜひマスターしておきたいね。

たそ

まとめ テクニックに頼りすぎないように

まとめ テクニックに頼りすぎないように
コツコツと英語学習はしましょう

今回は、英検準2級の面接試験の第1問パッセージ問題について解説をしてきました。

今回解説した方法は、2つのパターンに特化したテクニック的な解法です。現時点(2021年7月)では、このやり方でほぼ確実に満点解答が作れます。

ただし、テクニックで英語力は上がらないから、日頃のお勉強しっかりして、土台の英語力をあげていきましょう。

たそ

突然、問題が変わってくることもあるし、第1問だけ解答できても意味がありません。準2級の面接の合格ラインは6割ですからね。

第2問以降にも答えるためには、トータルの英語力が必要になります。

悩む学生

トータルの英語力って、何をしたらいいですか?

手っ取り早いのは語彙力を付けることだね。単語を1つでもたくさん知っていることが英語力の土台になるのは間違いないよ。

たそ

トータルの英語力をあげつつ、今回紹介したようなテクニックを利用して、面接の一発合格を目指しましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-試験・検定対策
-, ,