apple製品

【wraplusスキンシール】はiPadをスマートに変身させる!|Smart FolioやMagic Keyboardと併用もナイス!

たそ

どうも、たそです1

今回は、スマホやタブレットをおしゃれに変身させるwraplusのスキンシールを紹介します。

スマホやタブレットは裸で使うのが軽くて美しいものだけど、やはりちょっとしたことで傷がついてしまうから、何かケースを付けたい。

しかし、ケースをつけると重くなったり、サイズ感が大きくなったり、ゴテゴテしたりして、ちょっとスマートさに欠けます。

そんな時におすすめなのがスキンシール!

この記事では、スキンシールの代表的なメーカー「wraplus」のスキンシールを紹介します。

実際に、iPad Pro用のスキンシールを購入して、貼り付けてみた上での正直な感想をお伝えします。

wraplusスキンシールの魅力

wraplusスキンシールの魅力
ひと味違うiPadです

スキンシールの魅力は2つ。

  1. スマホやタブレットの本来のデザインや軽さをキープ
  2. 豊富なカラーバリエーションから自分の好みのデザインを選べること。

●デザイン性が優れている

このスキンシールの厚さはたった0.2ミリ。シールですからね。

シールです。(写真は12.9インチ用)

とても薄いので、重さはほとんどないし、サイズやデザインも変わらない。

これすごい重要です。

例えば、スマホにケースをつけちゃうと、結局ケースのデザインになって、スマホの本来のデザインが台無しになりますよね。さらに、サイズ感も大きく、分厚く、重くなってしまう

ただこのシール、傷から本体を守ることはできるけど、所詮はシールなので、落下などの衝撃などには注意が必要ですね。

●カラーバリエーションが豊富

wraplusスキンシールのバリエーションがかなりあります。私が購入したiPad Pro11インチ用だけでも、下の画像のように多くの選択肢があります。

(画像)Amazon.co.jpより転載

木目調やレザー調など多くの選択肢があるので、自分のスタイル合わせて選べるのは良いですよ。

自分のセンスに合わせて、スマホやタブレットをデコれるわけです。

wraplusスキンシールを貼ってみた感想

wraplusスキンシールを貼ってみた感想
このような薄いケースで届いた

ケースの裏面に説明書がついています。

日本語で詳しい説明書があります

貼り付け用の動画も用意されているので、なかなか手厚いですね。

設計から生産までを国内で行なっているという点は、私のような不器用な人間にとっては嬉しいこと。

ちなみに、私が今回購入したのはブラックレザーです。

ブラックレザーのiPadとかかなりオシャレ。ワクワクしますね。

実際に、説明書通りに貼ってみました。

側面の下側(USB-Cポート側)から左周りに貼っていくようです。

USB-C端子の穴やスピーカーもほぼドンピシャ

特に問題はなく、穴やボタンの位置もドンピシャ。スピーカーやマイクホール、ボタンの位置を合わせて貼っていけばズレません。

ボリュームボタンもぴったり

ただ横幅がぴったりではなくて、少しスキマがあるのがちょっと残念。

横幅いっぱいというわけではない

背面の貼り付けは少し苦労しました。おそらく私が不器用なので。

カメラ四角の枠とSmart Connector接続端子の3つの穴を合わせて貼れば良いのだけど、カメラ周りの切り抜きに少し余裕があるので、中央のりんごマークが少しズレる。

この三箇所を合わせたら綺麗に貼れる

5、6回くらい貼って、剥がしてを繰り返して、なんとか満足できるレベルに貼れました。

ゆっくりと力をかけて剥がせば、貼り直しはできるので、私みたいに不器用な人でもなんとかなりますよ!

ブラックレザーiPad Pro。やっぱりおしゃれー。

wraplusスキンシールはSmart系ケースと相性が良い

wraplusスキンシールはSmart系ケースと相性が良い
アップル純正のSmart Folio

wraplusスキンシールは単体で使っても良いけど、アップル純正のSmart系のケースと相性が良いです。

アップル純正のSmart系のケースは次の3種類。

  • Smart Folio(ケース)
  • Smart Keyboard Folio(キーボード一体型)
  • Magic Keep Keyboard(キーボード一体型)

この3つの純正ケース(キーボード)はとても良い製品なんだけど、側面のカバーが無いのが欠点

ちょっと側面の擦り傷なんかが気になりますよね。

Magic Keyboardにも側面のカバーはない

wraplusスキンシールと併用すれば側面の保護ができるので、Smart系のケースを安心して使うことができます。

SmartFolio withスキンシール

厚さが0.2ミリなので、マグネットの強さもそのままで、ちゃんとケースにくっつきます。

さらに、アップルペンシルの充電も普通にできます

スキンシールの上からも充電可

「アップル純正のSmart系カバー使いたいけど、側面の保護が無いのが気になる・・・」と悩んでいる人にも、wraplusスキンシールはおすすめですよ。

まとめ wraplusスキンシールはデザイン性が高い

まとめ wraplusスキンシールはデザイン性が高い
なんともオシャレな感じ

今回は、wraplusスキンシールを紹介しました。

wraplusスキンシールは、薄くて軽く、スマホやタブレット本来のデザインを損なわないで、傷から守ることができるし、自分なりのカスタムができるおしゃれアイテム。

また、アップル純正のSmart FolioやMagic Keyboardなど、側面のカバーがないタイプのケースと併用すると側面保護もできる優れもの。

よくあるタイプのケースを使うのもありだけど、スキンシールも選択材料に入れて、自分に最適なケースを選んで頂けたらと思います。

今回紹介したスキンシール

最後までお読みいただきありがとうございました。

\この記事はどうでしたか?/

-apple製品
-,

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5