英語勉強方法

【英語長文攻略法】英語長文はパラグラフリーディングで!TOEIC・英検にも対応|現役英語教師が解説

5月 4, 2020

英語の長文を読むのが苦手で、すごく時間がかかります。いつも時間不足になってしまいます。

どうやって勉強したらいいのでしょうか・・・。

英語の長文を読むのが苦手な英語学習者さんはたくさんいます。

特に、多いのが「時間が足りない!」と悩む人

なぜ時間が足りないのか。それは「一文一文きちんと読んでいる」からです。

一文ずつきちんと読んだらダメなんですか??

全部を丁寧に読んでいたら時間が足りなくなるよ。「きちんと読む」と「ざっくり読む」を使い分けていく必要があるね。

たそ

大学入試だけでなく、英検やTOEICなどの検定試験も長文化が進んでいます。すべての英文をきちんと丁寧に読んでいては時間が足りなくなります。

精読(丁寧に読む)と速読(ざっくり読む)を使い分けて、英文を素早く理解する力が求められているわけです。

どの部分をざっくり読んだらいいんですか?

それを理解するために必要なスキルがパラグラフリーディングだ!

たそ

この記事では、英語長文の攻略、特に素早く必要な情報を読み取っていくために必要な力であるパラグラフリーディングについて紹介していきます。


*時間不足よりも、英文を読み間違えてしまうことが多い人は、まず正確に読む練習をしましょう。以下の記事を参考にしてください。

合わせて読みたい
【現役英語教師】おすすめの英語参考書|本物のリーディング力を手に入れろ!

続きを見る

この記事を書いた人

現役英語教師(20年目)。高校3年時、1日14時間の独学で偏差値40台から80まで上げる。浪人を経験し、文学部英文科から英語教師の道へ。英検1級一発合格・TOEIC満点。教育困難校からトップ校で勤務。abcを書けない生徒から東大・京大を受験する生徒まで指導経験あり。

英語長文はパラグラフリーディングで速く読める

英語長文はパラグラフリーディングで速く読める

英語長文はパラグラフリーディングを身に付けると速く読めるようになります。

パラグラフリーディングのメリット

  • 英文に何が書いてあるか素早くわかる
  • 英文の先の展開が予測できる
  • 予測できるから読み間違えが減る

パラグラフリーディンで素早く・正しく英語長文が読める、ということだね。

たそ

パラグラフとは?

パラグラフとは?

そもそもパラグラフって何ですか?

パラグラフを日本語に直すと「段落」という言葉が合います。

あるメインアイデア(topic)に関するいくつかの文が集まったものがパラグラフ(段落)になりますね。

大体は、最初の文(topic sentence)でパラグラフのメインアイデアを説明しています。

topic sentenceはパラグラフの最も重要な文で、topic sentenceを読むと、そのパラグラフの話が分かることになります。topic sentence以外の文をsupporting(detail) sentenceと言い、topic sentenceを補足、説明、例示する働きを持ちます。

パラグラフ

  • topic:パラグラフのメインアイデア
  • topic sentence:トピックを一番的確に表現している文
  • supporting sentence:トピックをより具体的に補足説明している文

1つのパラグラフには1つのトピックが原則です。

ふつう、パラグラフは1つのトピックセンテンスと複数のサポートセンテンスで構成されています。

パラグラフはわかりましたけど、これがなんで読むことに役立つんですか?

パラグラフを知れば、英文の先が予想できるんだよ。

たそ

パラグラフリーディングで先を予測できる

パラグラフリーディングで先を予測できる

パラグラフの働きを知ればこれから読む内容を予想することができます

1つのパラグラフには1つのトピック。トピックセンテンスはそのパラグラフの要点を表す文です。

つまり、トピックセンテンスを読めば、そのパラグラフを読んだも同然です。

すこし具体的に考えてみよう。

たそ

(1)Your travel arrangements will depend on several things.  

あるパラグラフの最初の1文。

「旅の準備はいくつかのことで決まる。」と言う意味です。

これで先の展開は予想できるんじゃないかな?

たそ

「旅の準備を決めるいくつかのこと」を順に説明していくんですね!

最初に「旅の準備はいくつかのことで決まる」と書いてあります。

そのあとには「どんなことで旅の準備が決まるのか」が具体的にいくつか書いてあるに決まっています。

続きの文章を見てみましょう。

(2)First, you need to decide what you want to do during your vacation.  

(3)You will have to think about how far you must go to get  to a place, how much time you have, and how much money you can spend.  

(4)If you plan to travel a long distance, you will need more time and money.  

(5)Write down exactly how much money you can spend and mark the days off on a calendar. 

(2)〜(5)のざっくりした意味は以下のようになります。

  • 何をしたいかを決めなさい
  • 場所、時間、予算を決めよう
  • 場所によって時間とお金が変わる
  • お金と休日を確認しよう

結局は、1文目の「旅の準備はいくつかのことで決まる」を、2文目以降で「いくつかのこと」具体的に補足説明しているにすぎません。

なるほど。どんな内容が来るか予想ができるから安心して読めますね。

最初の文 トピックセンテンスを読むと、読まなくても先の展開が予想できます。

内容がわかった上で読むので、読み間違いが減るし、読むスピードがグッと速くなります。

トピックセンテンスが読めたら、後は内容を確認しながらざっくりと読みすすむだけだ。

たそ

英語長文の攻略法 トピックセンテンスを見逃すな!

英語長文の攻略法 トピックセンテンスを見逃すな!

英語長文を素早く正確に読むために必要なパラグラフリーディング。

ポイントはトピックセンテンスを見逃さないことです。

トピックセンテンスが置かれる場所は大きく2パターンです。

ポイント

  • 最初にトピックセンテンスを示し、次にサポートセンテンスで詳細を述べる
  • 最初に詳細を述べてから、その内容をまとめたトピックセンテンスをパラグラフの最後に置く

最初にトピックセンテンスを置くパターンが一番多いですね。

最初と最後に注意ですね!

それ以外にトピックセンテンスを見つけるポイントを確認しておこう!

たそ

トピックは抽象と具体で見分けろ!

トピックは抽象と具体で見分けろ

英文を読む上で意識したいことは抽象と具体です。

ポイント

抽象とはざっくりとしたコンセプトと考えたら良いですね。

英語は、ざっくりと抽象的な内容を最初に言って、具体的な細かい話をする傾向があります。

抽象的な文がトピックセンテンスであることが多いです。

先ほどの例文で確認してみましょう。

  1. 旅の準備はいくつかのことで決まる(抽象的)
  2. 何をしたいかを決めなさい(具体的)
  3. 場所、時間、予算を決めよう(具体的)
  4. 場所によって時間とお金が変わる(具体的)
  5. お金と休日を確認しよう(具体的)

まず、最初にざっくりと「旅の準備はいくつかのことで決まる」と述べています。これが「抽象」ということになります。

その後で、「やりたいことや場所・お金・時間」と具体的に話を展開しています。

抽象部分がトピックセンテンスになっているね。

たそ

一般論と筆者の主張|逆接の後に主張あり

一般論と筆者の主張|逆接の後に主張あり

「一般論」とは世間の人々が考えていることです。筆者が自分の主張と比較するために、一般論を持ち出してくることがよくあります。

パラグラフのトピックとしては、一般論ではなくて筆者の主張の方が重要です。

  1. 小学校で英語を教えたほうが良いと言う人もいる。(一般論
  2. しかし小学校での英語教育はうまくいかないだろう。(筆者の主張
  3. 小学校では集団授業だからである。(主張の根拠)
  4. 子供たちは授業で話す機会がほとんどない。(根拠の具体化)

最初の文で、「一般論」として「小学校で英語教育をすべきだ」と述べています。「最初の文はトピックセンテンスだ!」と早とちりしないようにしましょう。

メインアイディアは2文目の「小学校での英語教育はうまくいかない」の方です。これが筆者の主張でトピックセンテンスになります。

ポイントは「しかし」という逆接の言葉

逆接の後に主張あり!

たそ

「しかし」をヒントに、「小学校での英語教育はうまくいかない」がトピックセンテンスだと分かると、次は「なぜうまくいかないのか」について説明がくるだろうと予想できますね。

なるほど。トピックセンテンスをつかまえることが、バラグラフリーディングでは大切なんですね。

パラグラフリーディングを使って英語長文を読む練習をしよう

パラグラフリーディングを使って英語長文を読む練習をしよう

英語長文を素早く読むのに必要なパラグラフリーディング。これを利用すれば、驚くほど英語長文を読むことが簡単になります。

まずはパラグラフリーディングを意識して読む練習をしましょう。

「知っている」と「使える」は大きく違うよ。使えるレベルを目指そう!

たそ

どんな教材で練習したらいいんですか?

おすすめなのが『パラグラフリーディングのストラテジー』です。パラグラフリーディングに特化した長文問題集でこれ1冊で大丈夫です。

英検の長文問題もパラグラフリーディングの練習に最適です。自分のレベルにあった級で練習すればよいですね。

パラグラフリーディングの考え方は、読むだけでなく、書く(ライティング)にも通じるものがあります。

合わせて読みたい
【実は簡単!】自由英作文の勉強法とおすすめの参考書|現役英語教師が解説

続きを見る

パラグラフリーディング&ライティングで使える英語を身につけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\この記事はどうでしたか?/

-英語勉強方法
-, ,

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5