英語勉強方法

【本当にそれでいいの?】英語シャドーイングの正しいやり方|現役英語教師が解説

4月 26, 2020

英語のリスニングやスピーキングの練習方法として「シャドーイング」が有名です。本屋さんでもいろいろな「シャドーイング」の本がありますね。

シャドーイングをしたほうが良いってよく聞くけど、シャドーイングって何?

シャドーイングはもともとは同時通訳の基礎訓練です。

今では英語学習の方法として、学校教育の現場でも取り入れられたり、シャドーイングの本が多数出版されたり、かなり普及しています。さらにシャドーイングのやり方もいろいろとバリエーションが豊富になりました。

なかには、本当にシャドーイングと言えるのか?というものもあるのが現状だ。

たそ

じゃあ、正しいシャドーイングのやり方ってどんなものなの??

適切なやり方で練習しないと、思うように英語力は向上しません。シャドーイングを正しく理解して英語学習に役立てましょう。

この記事を書いた人

現役英語教師(20年目)。高校3年時、1日14時間の独学で偏差値40台から80まで上げる。浪人を経験し、文学部英文科から英語教師の道へ。英検1級一発合格・TOEIC満点。教育困難校からトップ校で勤務。abcを書けない生徒から東大・京大を受験する生徒まで指導経験あり。

この記事でわかること

  • シャドーイングの効果
  • 正しいシャドーイングの具体的な練習方法
  • シャドーイングをする上での注意点

この記事を最後まで読むと、適切なシャドーイングの練習方法がよく理解できます。

英語シャドーイングは通訳者向けの訓練

英語シャドーイングは通訳者向けの訓練

シャドーイング(shadowing)とは、元々は通訳を目指す人の基礎訓練です。

通訳を目指すような人が行う訓練として、昔から取り入れられていて、信頼性のある英語の練習方法ということになりますね。

具体的には、耳から聞こえてきた音声を、シャドウ・影(shadow)のようにそのまま、あとについて話す練習方法です。

聞こえてくる音を、少し遅らせてオウム返しのようにそっくりそのままくり返すことが、シャドーイングになる。

たそ

シャドーイングは耳と口の訓練と思われがちですが、実は英語に関するあらゆる知識を総動員して行っています。

単なる「オウム返し」ではなくて、単語の知識・発音やアクセント・イントネーションなどの音声の知識はもちろん、英語を理解するための文法や構文の知識も必要です。

シャドーイングって英語力全般の力を鍛える練習になるのね。

シャドーイングをすることで、具体的にどんな効果があるのかを考えてみましょう。

シャドーイングで英語の聞く・話すが向上する

シャドーイングで英語の聞く・話すが向上する

シャドーイングは、英語力全般を鍛える練習ではあるけれど、特に「聞く力」と「話す力」への効果は格別です。

通訳の人もやる訓練だから、リスニングやスピーキングは相当鍛えられそうよね。

シャドーイングはリスニング力やスピーキング力の向上に有効です。特に次の4つの効果があります。

シャドーイングの4つの効果

  • 理解力が上がる
  • 速い音声に慣れる
  • 発音等の音が身に付く
  • 集中力が高まる

理解力が上がる

シャドーイングは聞こえた音を繰り返します。言いかえたら、聞こえた音が頭の中に残っている状態です。

頭の中に英文が残っていれば、理解するための情報が多い状態です。頭の中で英文を繰り返すことができるので、聞いた英文の意味を理解しやすくなります。

有名な「キング牧師のスピーチ」ですが、シャドーイングできた箇所が下のようだと・・・。

英文が残っていない状態

I have ・・・ that ・・・ day ・・・ red hills・・・ Georgia, the sons ・・・ ・・・ slaves and the sons of ・・・ owners will be able to ・・・・ together ・・・table of brother・・・.

英語を聞いていもこれだけしか記憶に残っていない

これだとちょっと理解しにくいわね。

正確にシャドーイングできれば、聞こえた英文のイメージが頭に残るので、当然理解力が上がりますね。

速い音声に慣れる

シャドーイングは、聞こえてくる音声と同じ速さでくり返し話すから、速い音声のスピードに慣れます。

もちろん徐々に慣らしていく必要があります。

最初は120WPMくらいのゆっくりの音声教材を利用して、徐々にスピードを上げていけば、無理なく速い音声に慣れていくことができます。

ニュースは大体160WPM前後ですが、200WPMを目標にすると、かなりの早口にもついていけます。

WPM ( Words Per Minutes )とは?

1分間に何語話されるか(読まれるか)を示し、英語学習等では音声の速さを表します。

120WPMだと、1分間に120語読まれる速さということになります。

発音等の音のバリエーションが身に付く

シャドーイングで英語らしい音声を身につけることができます。

英単語1語1語を知っていても、いざ英語でネイティブと会話をしたり、ニュースを聞いたりしたら、うまく聞き取れない。このような経験をしたことがある人が多いですね。

分かる!知ってるはずの単語なのに聞こえないのよね。

言葉は必ずしも辞書通りに発音されるわけではありません。当然、何らかの変化をするわけですね。これはどの言葉も同じでしょう。

シャドーイングをすることで、発音・イントネーション・強勢(ストレス)などの音の変化等を覚えて、実際の英語が聞き取れるようになります。


英語らしい音声が身に付くということは、英語らしい発音ができるようになり話す力も向上するということです。

頑張って英語で話しかけても通じないのは悲しいですね。文法的なミスは少ないのに、日本語的な発音のために、うまく相手に伝わらないことはよくあります。

シャドーイングを繰り返すことで、ネイティブらしい発音が身につきます。

実体験

私は留学経験がないので、英会話や発音には本当に自信がありませんでした。ネイティブスピーカーと一緒に働く機会があったので、英語をうまく話したいと思って、シャドーイングを一生懸命練習しました。

自分ではあまり発音の変化は意識できていませんでした。

ある日、ネイティブの方に「最近、発音よくなったよ。一瞬(笑)ネイティブかと思った」と言われ、本当に嬉しかったのを覚えています。

集中力が高まる

シャドーイングは高い集中力が求められる練習方法です。

普通のリスニングであれば、英文の意味を聞き取る、情報を聞き取ることが目的だから、一語一語をすべてを聞き取る必要はありません。

一方、シャドーイングはすべての語を完全に聞き取って、くり返さないといけません。

冠詞( a / an / the )や前置詞 ( in / on / at / of ...)など完全に聞き取る練習だから、すごく音声に集中して聞く必要があります。

高い集中力が必要なシャドーイングをすることで「集中して」聞く力が身につくのです。


リスニングやスピーキングに効果抜群のシャドーイング。では、実際のやり方を説明していくよ。

たそ

英語シャドーイングの正しいやり方

英語シャドーイングの正しいやり方

ここからは、具体的に英語のシャドーイングの練習方法を紹介していきます。正しい手順で練習すれば効果倍増です。

簡単な流れ

  • シンクロリーディング
  • シャドーイング(音声重視)
  • 語句の確認と音声分析
  • シャドーイング(内容重視)
  • 音読と録音
  • 音読のチェック

かなりボリュームがあります。きちんとやると30分〜40分くらいはかかりますね。

毎日やると少しつらいかもしれません。

平日は2〜4だけで10分程度、週末に1〜6まで全部、というようにすると継続できますね。

step
1
シンクロ・リーディング【2回】

音声を聴きながら黙読します。(小さいな声を出してもよい)

この手順は初心者用なので、慣れてきたら、シンクロ・リーディングは飛ばしても構いません。

 

step
2
シャドーイング(音声重視)【2回】

音声を流しテキストを見ずにシャドーイングをします。ヘッドホンを使ってもよいですが、自分の声が聞こえるようにしましょう。音声と自分の声の両方が聞ける状態で実施することです。

ここで大事なのは「音」に集中すること。意味はあまり理解できていないかもしれませんが、聞こえてくる音に集中します。

 

step
3
語句の確認と音声分析

シャドーイングが終わったら、テキストを見て語句や内容を確認し、英文を理解します。

さらに、音声分析をしましょう。音声分析は、要するに音声を聞いて、どのように読まれているかをチェックする作業です。

 

チェック項目

  • ポーズ(息つぎ)の箇所
  • 音の脱落(読まれない音の)箇所
  • 音の連結
  • 強く読まれる部分
  • イントネーション(上昇か下降か)

 

こうした音の特徴をテキストに書き込んでいくと良いですね。

 

たそ
この分析をきちんとすることが大切!

 

 

step
4
シャドーイング(内容重視)【2回】

次に、テキストを見ないでもう一度シャドーイングをしてみます。英文の内容と音声の特徴はチェックしているので、最初よりもスムーズにできるはずです。

 

 

step
5
音読【2回】と録音

仕上げに英文を見ながら音読をしましょう。目標は、読まれる音声と同じように音読することです。2回という設定ですが、状況に応じて、くり返し練習しましょう。

音読も「ただなんとなく」読んでは効果が薄い。きちんとしたゴールがあるので「目的意識を持って」音読をしましょう。

ここで自分の音声を録音しておきます。最近では、スマホ等で簡単に録音ができるので便利ですね。

 

step
6
音読のチェック

最後は、自分の録音を聞いて分析した音声と比べます

気になるところがあれば、シャドーイングや音読練習をして、復習しておきましょう

音読チェックをすることはとても大切です。毎日は無理でも、週に1度は必ず自分の発音を確認しましょう。


結構、やることがたくさんあって大変ね。

かなりね。でもやった分だけ力はつくよ!

たそ

毎日6つの手順を全部するのは時間的にも精神的にも少し辛いですね。継続できるプランを組んでいきましょう。

シャドーイングのプラン例

  • 1週間は同じ英文を使用する
  • 平日は1〜4をする。2日目以降は音声分析は省略。
  • 週末に4〜6をする。ここで録音チェックをする。

これくらいのプランだと1日20分弱で終わるので、継続できそうですね。

シャドーイングする上での注意点は教材選び

シャドーイングする上での注意点は教材選び

効果抜群のシャドーイングですが、何を使ってシャドーイングするか、つまり教材選びが大切です。自分にあった教材を選ぶためのポイントを紹介します。

教材のポイントは速さと長さ

教材を選ぶポイントは、音声の速さと長さです。速さは先ほど出てきたWPMで考えるとよいですね。

音声の速さ教材の長さ
初・中級者100〜140wpm1分〜3分
中・上級者140〜180wpm3分〜5分

音声がゆっくりすぎると、不自然な発話になって、かえって練習になりません。

教材の長さは、30分あるようなものでも構いませんが、一度にやる長さを短くして調節したらよいですね。

教材は、分析がしやすいようにスクリプト(英文)が分かるものが良いね。

たそ

音声を分析するためには、音声素材に加えてスクリプト(英文)が必要になりますね。

「ネットで気軽に教材が欲しい」ということであれば Voice of America English Newsをおすすめ。ニュースサイトですが、英語学習のためのページが豊富で、実際のニュースよりもゆっくりの音声で英語が読まれます。

かなり聞き取りがしやすいので、初・中級者の方は試すとよいですよ。

残念ながら日本語訳がついていませんが、無料で少しゆっくりのネイティブの音声を聞くことができます。

シャドーイングをしたいのであれば、"Intermediate Level" 以上を選択しましょう。

市販のものであれば『決定版 英語シャドーイング[超入門]』はシャドーイングを無理なく始められる1冊です。

著者は音読やシャドーイング関連の本でよく目にする玉井健さん。レベル的には初心者向け。正直言って簡単かもしれませんが、シャドーイングの最初の1冊とするのはよいですね。

慣れてきたらVOAを使ってみたり、英語のニュースや映画を利用しましょう。

楽しめるものを選ぶことも必要

シャドーイングは学習ですが、楽しめる教材を取り入れることも大切です。楽しいと継続できるからです。

そこでおすすめなのが海外ドラマ!

たそ

海外ドラマを見ながらシャドーイング。

気分転換のつもりで、シャドーイングの手順はちょっと置いておく。肩の力を抜き楽しみながらシャドーイングすればよいですよ。

合わせて読みたい
【海外ドラマで英語学習!】留学なしで英語リスニング&スピーキング力を鍛える勉強方法

続きを見る

海外ドラマ『friends』は英語学習の鉄板。海外ドラマでシャドーイングを考えている人はおすすめです。

海外ドラマFRIENDS(フレンズ)を無料視聴しよう!【英語学習に最適】

続きを見る

私の英語のリスニンやスピーキングは、英検やTOEICの検定試験や仕事に役立つような硬い英語は英語のニュースや英語の参考書から、日常会話は海外ドラマから身につけました。

シャドーイングはかなり負荷が高く、きつい練習です。たまには楽しい教材を利用して、モチベーションを上げていきましょう。

シャドーイングで使える英語が身に付く

シャドーイングで使える英語が身に付く

英語力を向上させるシャドーイングの効果と具体的な手順を紹介してきました。

シャドーイングは、通訳の訓練にも使われるくらいリスニングとスピーキング力の向上には効果があります。

最大の効果は使える英語力が身に付くこと。相手が話していることが聞こえるし、言いたいことが伝わります。

シャドーイングで、コミュニケーションに役立つ使える英語を身につけよう!

たそ

コツコツと努力すればきっと身につきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

\この記事はどうでしたか?/

-英語勉強方法
-, ,

© 2021 たそろぐ Powered by AFFINGER5